喫煙やストレスなどは男性型脱毛症の原因にならない噂や嘘

人は誰もが薄毛症状に陥ると外見に対して自信が持てなくなってしまうばかりか精神的にも徐々に参ってしまうもので、とりわけ好きな異性がいる人や仕事で営業回りなどを行っている人にとっては頭髪は相手に対する第一印象を決定付ける大切な要素ですから大きな痛手となってしまうことは避けられません。

 

そんな時には誰もがまず現状を打破して失われた頭髪を取り戻すためのあらゆる努力を惜しまないことを誓うはずで、そのためにはまず、薄毛を引き起こした原因を早急に突き詰めることが何よりも大切になってきます。中には生活の中の数多くの習慣がそのまま薄毛に繋がっている事例も数多く存在し、こういった事柄をひとつひとつ具に取り上げて検討を続けていって、もしもそれが原因であることが予想されれば迅速に取り除いていくことが求められます。

 

ただし、こうやって生活習慣を直すだけである程度の薄毛改善の効果が得られる場合もあれば、これらとは根本的に異なる原因によって薄毛が引き起こされていて、こうした試みをいくら続けても全く改善効果が見られないどころか、意味がないという場合も少なくなく、その代表的な例としては男性型脱毛症と呼ばれる病気を発症しているケースが挙げられるでしょう。

 

男性型脱毛症は、別名AGAとも呼ばれる病気のことで、主に男性ホルモンが必要以上に活発な働きをすることによって、いつしか頭髪の成長を大きく損なう物質の分泌を助長するような作用をしてしまい、この一連の動きが原因となって頭髪がきちんと伸びきらないままに次々と抜け落ちていく状態が引き起こされてしまうのです。

 

この男性型脱毛症治療としてはまずはいち早く皮膚科や内科、あるいは薄毛治療専門のクリニックを探して医師の診療を受けた上で、飲み薬や外用薬、それにその他の最新治療を施すことで改善していくことが可能なのですが、最も代表的な飲み薬を挙げるならばそれは男性ホルモンの過剰な働きを抑える特効薬であるプロペシアと、頭髪の毛根付近を流れる毛細血管の血流を改善することで必要な栄養分を過不足なく補充出来る状態を作り上げることが可能となるミノキシジルといった薬が挙げられ、いずれも医師の処方によって大きな効果が得られたり、また一部の商品に関しては薬局などでも手軽に購入できる状態となっています。

 

しかしながらこの男性型脱毛症治療で問題なのは、いま挙げたような適切な治療法以外に、原因にならない噂のようなものが流れたり、また明らかな嘘の治療法などが浸透していることもあるので、これらを鵜吞みにしていては治るものもなかなか改善の糸口が見つからないままズルズルといってしまう可能性があるのは大変リスクの大きいことだと思われます。

 

たとえば喫煙やお酒の過剰な摂取はニコチンやアルコールを必要以上に体内に取り入れることで血行を悪くする場合があり、それらが薄毛の原因を作り出すとも言われます。確かにそういった生活習慣によって薄毛が引き起こされる場合はありますが、これと男性型脱毛症とは何の関係性もなく、根本的な男性型脱毛症に関する症状は何ら改善されることなく、それによる薄毛も改善の効果は見られないでしょう。

 

他にも、仕事や人間関係によるストレスが血行を悪化させたり、また頭皮の脂の分泌を助長したりするケースもあるでしょうし、また睡眠不足によって頭髪の成長する大事な時間をきちんと確保できなかったり、髪の染色によって頭髪や頭皮が荒れてしまったり、日々の食生活が油物を中心としたものになってしまいどうしても野菜を始めとする食物の摂取が減り栄養不足を招いたり、さらには薄毛だからという理由でそれを隠そうと帽子の着用が多くなってそれによって頭皮が蒸れることが多くなったりといったケースも数多く見られ、これらはすべて頭髪の成長にダメージを与える原因と考えられそうなものばかり。

 

確かにこれらひとつひとつが頭髪の成長を著しく妨げている可能性は否定できませんが、やはりこれらと男性型脱毛症とは全く関連がなく、この病気というのはあくまで男性ホルモンが過剰に働くことによって薄毛が引き起こされるというものなので、こういった生活習慣的な事柄をいくら気をつけて暮らしたところで男性ホルモンに良い影響を与えたり、過剰な働きを抑えたり、あるいは男性型脱毛症そのものの発病を抑えて頭髪のより良い成長を引き出すことができません。

 

そのため、やはり根本的にこの病気を治すためには信頼できるクリニックにかかって、飲み薬や外用薬、その他の専門治療によって、その人にあった治療法を実施していくことが欠かせないのです。

更年期障害が原因の女性の薄毛FAGAは男性型脱毛症治療で改善できるのか

薄毛はもはや男性だけの悩みではなく、女性にも広がっています。しかし女の人の薄毛には男性のような前頭部や後頭部の毛が抜けてくるといった症状は見られませんが、男性と女性の薄毛にはどのような違いがあるのでしょうか。男性型脱毛症・AGAで一番大きな原因とされるのが、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きによるものであり、これは本来存在するホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによって変化したことで生成される成分で、体内のジヒドロテストステロンが増加すると、毛髪の発育に重要な毛母細胞や毛乳頭に作用すると共に、過剰な皮脂分泌を促して頭皮の毛穴を詰まらせてしまい、このため毛髪が育ちにくい環境になり、毛が抜け落ちてしまうのです。

 
女性の薄毛はどのような原因で起こるかというと、髪が抜け落ちてしまうまでの作用はAGAと同じであり、それが女性男性型脱毛症・FAGAと呼ばれる由縁なのですが、同じ過程にも関わらず薄毛の状態が異なってくるのは、女性ホルモンが影響を及ぼしているためです。

 
年齢を重ねていくと女性ホルモンの状態も大きく変わってきて、分泌量も次第に減少してくるため、めまいやイライラなどの更年期障害の症状が発生することもあります。こうしたホルモンの減少を受けると男性ホルモンの活動が優位となり、脱毛症になることがあるのですが、毛髪は女性ホルモンの影響を大きく受けていて、女性の場合は量は減少するものの、男性と異なりある程度の女性ホルモンの分泌は行なわれているため、前頭部や後頭部の毛がなくなることはなく、全体的に毛が薄くなる状態になります。これをびまん性脱毛症といい、よく見られる症状としては、髪にコシがなくなりボリュームが不足してしまう、髪が細くなって地肌が目立つようになるなどがあり、同じく毛が抜ける症状である円形脱毛症は、髪の毛が円形に抜けてしまう疾患で、ストレスで発生すると言われていますが、根本的な原因として免疫力の低下が挙げられ、毛髪を育てる毛母細胞にはダメージがないため、医療機関で紫外線治療や免疫力を高めるなどの処置を行なって症状が改善すると、再び髪が生えてきます。

 
FAGAの対策としては、まずホルモンのバランスを整えることが最優先となりますが、ホルモンの分泌量は些細なことで乱れてしまいます。ストレスはさまざまな症状に関わる大きな原因となるため、スポーツや趣味をいかして解消することが最適な方法で、ストレスを軽減することで血流が改善されて頭皮への栄養分も回りやすくなるためおすすめです。頭皮の栄養といった面で考えると女の人で多いのが、ダイエットなどの食事制限による影響で、極端に食事の量を減らすダイエット方法は体に摂り込む栄養のバランスが悪くなるため、あまり推奨できない減量方法で、一時的に体重を減らすことに成功したとしても、減ってしまった栄養をさらに取り込もうとしてリバウンドしやすくなって、毛髪にも栄養成分が回らなくなるため、発育の代謝が落ちてしまい髪が育たなくなって、コシのない細い髪になっていき、結果的に地肌が目立つようになります。

 
びまん性脱毛症を発症してしまった時には、毎日のお手入れも変えていくことが薄毛の解消にもなり、パーマやヘアカラーなど頭皮に刺激を与えることはなるべく控えて、シャンプーも植物からエキスを抽出しているものなど、天然成分を原料としているものを利用すると、髪や頭皮に負担をかけずに洗い上げることができて、髪を育てる土壌の改善につながりますが、なるべく早めに症状を改善したい時には、男性型脱毛症治療でも利用されているミノキシジルを配合している育毛剤の使ってみるのもよいでしょう。ただしミノキシジルはホルモンに作用することから、男性用と女性用に種類が分かれているので、購入する際はしっかり確認して、適切な治療を行なっていき、しっかりと治療を行いたい時にはびまん性脱毛症などのFAGAを診察してくれる専門のクリニックを訪ねてみるのも良い選択となり、症状に詳しい医師がさまざまな角度から症状を判断して治療を行っていくので、早期の回復が見込めます。薄毛治療となると、クリニックを訪れにくいこともありますが、まず始めに各医療機関で行なっている無料カウンセリングを受けてみると、症状に対する不安や治療での疑問点などが解消されるため、診察が受けやすくなり治療に対しても積極的になるため、より早い効果が期待できるようになります。

リアップはミノキシジルの効果によって頭髪の成長因子を増加しやすくすることで薄毛改善の効果が期待できる

男性にとって薄毛に見舞われることはとても苦痛なもので、薄毛が進むと自分の外見に自信が持てない状態となり、仕事上で人と会う機会が多い人も相手の視線が気になってしまったり、また好きな異性にアプローチする上でも躊躇してしまうことが少なくないようです。これらの薄毛症状を引き起こす原因としては数多くのものが考えられますが、仕事上の疲れ、ストレス、頭皮環境、病気などの可能性が挙げられる中、いま大きく注目を集めているのが男性型脱毛症で、おもに男性ホルモンが過剰に働くことで頭髪の成長を妨げる物質を分泌してしまうこの病気は、クリニックなどで専門治療を受けることによって改善することが可能です。

 

 

男性型脱毛症治療としては、男性ホルモンの過剰な働きを抑える効果を持つプロペシアという飲み薬の服用が代表的ですが、決してそれだけではなく、他にも多くの薬があるのでそれらを効果的に使用することでより大きな効果が得られることでしょう。たとえば米国アップジョン社が開発し、1985年に食品医薬品局に申請し、1988年に医療用医薬品としての承認をうけたミノキシジルの効果は大きいもので、頭髪が成長するためにはその周辺を流れる毛細血管から過不足なく栄養分を摂取してそれらをより良い発毛や育毛のために使用しなければなりませんが、そうした頭皮環境を整える意味でもミノキシジルはとても効果的で、服用役や外用薬によって摂取することにより血管拡張剤としての機能を発揮し、これによって頭皮の毛母細胞が必要とする栄養分をしっかりと補給できるようになるのです。

 

 

そしてこのミノキシジルを配合した外用薬としては、クリニックで処方されるものだけでなく、近所の薬局などでも手に入れることのできるリアップという製品もとても有名で、毎晩の入浴の際にしっかりと頭髪及び頭皮を洗浄して毛穴の汚れなどを落としてからこれをふりかけて充分なマッサージを行うことでその成分が沁み込み、睡眠中に大いに毛細血管の活性化をはかることが可能です。

 

 

この血管拡張によって流れゆる血液の量が増えると、毛母細胞が必要とする栄養素を補給すると同時に、グロースファクターと呼ばれる成長因子を増加しやすくなるという特殊な効果も得ることができます。これは細胞の成長や細胞分裂を促すためのタンパク質のことを意味し、どれほど栄養分が多く得られたとしてもこれらがなければ頭髪を成長させていくことができませんが、ミノキシジルは特にVEGFと呼ばれる成長因子を数多く分泌させる効果があると言われており、こうした効果によって薄毛の改善をもたらすことができるのです。

 

 

また、ミノキシジルを使用するにあたってはその濃度が高ければ高いほど大きな効果が得られる傾向にあり、リアップの場合には1パーセントと5パーセントの二種類のパターンが用意されていますが、その他にも製品によっては1パーセントから16パーセントに至るまで様々なものが販売されていますので、自身の症状や医師の薦めなどによって選択することが求められます。

 

 

ただし、気をつけておきたいのはミノキシジルによる副作用の発症なのですが、特に知られるものとしては使用することによって頭皮の痒みが生じたり、あるいは頭皮の炎症がもたらされるというパターンで、もしも頭皮に傷があったり炎症がある場合、さらにはアトピー性皮膚炎などの皮膚の疾患がある場合には医師との相談が必要です。さらに従来から低血圧の症状を持つ人にとっても注意が必要で、血管を拡張する効果のあるミノキシジルはそもそも高血圧を治療するための薬を開発する中で生まれたこともあるので、低血圧の人が使うと全く逆の効果を生んでしまいます。もしもそのことをきちんと考慮に入れないままで使用してしまうと血圧が必要以上に下がってしまい最悪の場合には死にいたる可能性もあるといわれているので充分な注意が必要なのと同時に、心配なことがあれば必ず医師の指導を得ながら使用するかどうかを決めなければなりません。

 

 

以上のような注意点をきちんと考慮した上でミノキシジルを効果的に使用すると、これまで悩まされてきた薄毛も少しずつ改善していくことができます。最初のうちには一時的に抜け毛などが生じる可能性もありますのが、それは新陳代謝によって古い頭髪が抜け落ちているためで、新たに生え変わる頭髪はミノキシジルの効果を多く取り入れたものとしてよりよい成長が期待されることでしょう。

プロペシアの効果は男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンへ変化させない5α還元酵素阻害をすること

男性型脱毛症は薄毛の原因となる男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンというホルモンに変わってしまうことが原因で、こうなってしまうと毛母細胞の働きが抑えられてしまい、毛の成長が妨げられてしまうのです。男性型脱毛症治療に使われるプロペシアの効果はこのジヒドロテストステロンがテストステロンから変化するのを防ぐ5α還元酵素阻害することにあり、日本で初めて発売されたのは2005年12月14日のことで、プロペシアは医療用医薬品ですから薬局などでは気軽に購入することができず、薄毛治療のクリニックなどで医師から処方してもらう必要がありますが、この薬を使った治療については健康保険の適用外となりますので全て自己負担になります。

 

 

プロペシアの副作用については服用している人の約2%ほどに精力減退や精子の減少、勃起不全などの性的な機能の低下が見られていますが、ほとんどの方はこの副作用を感じることがあまりなく、もし副作用があらわれたとしても服用を中止することで性機能は元通りになりますので心配はそこまでしなくても大丈夫といわれています。しかし女性の使用に関しては禁止されていて、理由としてはもし女性の体内にプロペシアの成分が吸収されてしまい、さらに妊娠中ですと体内の胎児が成長する段階で性器の異常が出てしまうことがあるからです。ですから服用はもちろん男性のみですが、女性がいる家庭や小さなお子さんがいる家庭ではプロペシアをカットして利用する時などはその粉に触れないように気をつけておく必要がありますので覚えておき、またプロペシアは商品名で一般名はフィナステリドという名前になっていますから、そう書かれているものを利用する時にも気をつけておく必要があります。

 

 

薄毛の治療は今日明日で完了するものではなく、数か月から1年は最低でも見ておかなければいけませんし、髪が改善されてふさふさになったとしても薬をやめてしまうとまた毛が抜けて元に戻ってしまう確率が非常に高いのでずっと服用を続けるか他の治療を定期的に続けていく必要があります。そのために考えてしまうのが治療にかかる費用で、先ほども述べましたように薄毛治療の費用は全額自己負担になるのでまともに買っているとかなりの費用が出ていってしまうことが予想できるため、ジェネリク医薬品を購入するという方法もあります。

 

 

フィナステリドよりも低価格でしかも効果が逆に高いと期待されている成分がデュタステリドというもので、こちらはもともとは男性の前立腺肥大の治療薬として作られたもので、使用しているうちに患者の脱毛が止まったという副作用が見られたことによって薄毛対策にも利用できるのではないかと考えられ、現在のようにAGA治療の内服薬として利用する人が出てきたのです。ただフィナステリドよりもデュタステリドのほうが副作用が出た率が高く、服用者のうち10.9%に出ていることがわかっており、主な症状は勃起不全、乳頭痛、乳房痛、女性化乳房、性欲減退などです。このようなことからデュ足すテリドを薄毛治療薬として使っている韓国でもフィナステリドを一定期間服用してもどうしても薄毛改善の効果が見られなかった時にはじめてデュタステリドの処方をするという治療になることが多いです。

 

 

どうしてもデュタステリドを服用したいという場合は個人輸入での購入となりますが、個人輸入はほとんどの場合個人輸入代行業者を通しての購入となるので偽物を購入させられないように信頼できる業者を探す必要があり、信頼できない業者に依頼してしまうとひどい時には無事に届いたけれど中身が全く違うものだったり箱がぐちゃぐちゃになっていたり、お金も支払っているのに届かないということさえありますから注意することが必要になります。個人輸入はあくまで自己責任になるということを考え、より効果を強く感じたいからと安易にプロペシアとデュタステリドの併用を気軽にするのは避けて服用によってどんな症状が出てしまうかということについてもしっかりと頭に入れた上で行動するようにしなくてはいけませんし、もしどこかのクリニックに通いつつ、そこで処方されている薬以外のものを服用したいと思うのであればまずは担当している医師に相談して確認してみることも大切です。しかし薄毛は諦める必要はなく、十分に改善できる可能性があるものであることは確かです。

男性型脱毛症治療にはテストステロンやジヒドロテストステロンの様な成分からAGAになる仕組みを解明するのが近道

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、現在1千万人以上の男性が悩んでいる病気であり、その症状も様々で個人が抱える問題もひとつだけではなく複数あり、治療方法も全く異なるという特徴があり、男性型脱毛症治療はその原因を知ることが重要であり、男まず遺伝によるものが挙げられ、特に自分の母親の父親、つまり自分から見て母方の祖父の影響を強く受けやすいと言われています。なぜかと言うと、脱毛の遺伝子は母系遺伝されるX染色体上に存在するためで、遺伝しない父親の髪型では判断できない可能性が高く、かと言って母親は女性である為、その父親である祖父の髪型が、自分が将来男性型脱毛症に掛かるか否かの判断材料になるのです。

 

 

もう一つ、男性ホルモンによって男性型脱毛症が引き起こされる場合もあり、これは脱毛部分の頭皮に見られるジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンの代謝物が関係しており、この成分は5α還元酵素によってテストステロンから作られるのですが、毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体と結びつくことでヘアサイクルに大きな影響を与え、頭髪の成長期を終了させてしまう機能を有しています。AGAになる仕組みとはつまり、ジヒドロテストステロンが髪の毛を太く長くする前に抜けてしまうよう、頭皮に作用していることであり、長く太くするという段階をヘアサイクルの中で徐々に減らしてしまい、髪のミニチュア化現象が進んで全体的に薄毛が多くなってしまうことなのです。

 

 

ジヒドロテストステロンを産みだす5α還元酵素には5α還元酵素I型と5α還元酵素II型との2種類があり、I型は皮脂腺に、II型は毛乳頭に多く存在しますが、同時に前頭部や頭頂部のような脱毛が起きやすい場所に存在しやすいことも解っており、男性型脱毛症は主にII型が多いほど起こりやすいことも判明しています。先に挙げた遺伝によるAGAの発症も、この5α還元酵素II型がより多く分泌されやすい体質であることが遺伝されているのではないかという説もある程です。また遺伝によってジヒドロテストステロンに対する感受性が強くなる可能性もあり、人によっては男性型脱毛症に至らないはずの分泌量であっても発症する場合もあり、個人個人で発症の原因や状況が違ってくる一因にもなっています。そして発症していながらも後頭部や側頭部、そして髭等は順調に伸びている人が多いのも、そこに5α還元酵素II型が無い為であり、逆に言えば脱毛に作用している証拠なのです。

 

 

ですから男性型脱毛症治療にはまず、その原因となっている事象を突き止め、それに適した治療法を続けないといけませんし、脱毛しているからといって育毛剤ならなんでも使用すれば良いというものではなく、可能であれば医療機関で自分の頭皮の状態を専門家にきちんと診断してもらい、どういった治療法が適しているのかを教えてもらうこと、無理ならば母方の祖父の髪の状態や治療法、類似した脱毛症状の方が利用されている商品に絞って試すなど、自分の状態と適した方法をしっかりと把握することが治療への近道になります。

 

 

クリニックでの治療は確実ですが高度な医療機器を用いたり継続中の薬代などでコストも高くなる為、治療実績の多いスタッフのいるクリニックや、徒歩や自転車などの交通費がかからない場所にあるクリニック、治療法ごとに値段を比較し、一番安い提示をしているクリニックと言った面からホームページなどで情報を優先的にチェックし、確実に治せると判断できる所にするべきです。実際に訪問してみないとわからない部分もあると思いますが、それについては無料診断や初回キャンペーン、交通費負担などの割引企画を活用して、経済的な負担やそれによるストレスを少しでも減らし、治療に専念できるようにしましょう。

 

 

また人によっては食生活の改善や睡眠不足の解消、ストレスの軽減といった生活態度の変化で治癒する場合もあるので、クリニックや育毛剤を探す合間に自分でも出来る範囲で改善努力をする事も重要で、普段の生活環境に問題があると感じている場合はすぐに試す価値があります。最初の問診の段階においても、生活環境についてのカウンセリングやアドバイスを受けられるクリニックが多く、自分で生活環境の変化に気づかなくても、最初のアドバイスをきちんと守っていれば、次の通院時期には治っている可能性もある為、問診だけでも受けると良いでしょう。

公益社団法人日本皮膚科学会が男性型脱毛症治療の人の治療方法を選定するために参考となる「診療ガイドライン」を作成

ストレスから起こる円形脱毛症や、病気や抗がん剤などの使用によって起こる脱毛の以外で、男性ホルモンの影響によって起こる男性の薄毛や抜け毛は思春期以降から起こる可能性があるので、若いうちから髪の毛のことで悩み、育毛に効果のあるシャンプーなどのヘアケア用品を使ってみたり、育毛、発毛に良いといわれる食べ物やサプリメントなどを採って努力をしている人がいます。
しかし近年男性型脱毛症、いわゆる「AGA」はその原因が、男性ホルモンの一種が前頭部や頭頂部の毛根にある物質によって、薄毛や抜け毛を起こすホルモンに変化することであることがわかってきたので、その原因となる物質を抑えたり、発毛を促進するための成分を含んだ内服薬や外用薬、または注入薬などで男性型脱毛症治療を専門に行う病院もたくさん出てきました。
またそれらの有効成分を配合されたヘアケア製品やローション、塗布薬なども市販されているので、男性型脱毛症を自分で改善することもできるので、薄毛や抜け毛に悩んでいる人にとってはとてもうれしいことです。
公益社団法人日本皮膚科学会では、それらの有効成分であるミノキシジルとフェナステリドを推奨しています。
ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促進する成長因子を出させる作用があることが分かっていて、フェナステリドは男性ホルモンの一種を、抜け毛を起こさせるホルモンに変える物質の作用を抑えて、毛の成長を促すように導く作用があることが分かっているからです。
薄毛や抜け毛に悩む人が改善に用いる方法としては、それらの成分を配合したもの、またはそれら以外の育毛効果があるとされる成分を配合したヘアケア製品を使ったり、専門の病院に行ったりするほかに、かつらやウィッグををつけたり、人工植毛、自毛植毛などを行う方法もあります。公益社団法人日本皮膚科学会は、これらの男性型脱毛症の改善方法のなかでどのような方法が有効的で、どの方法はあまり有効性が認められないのかという「診療ガイドライン」を作成いていて、改善方法、治療方法によって推奨度をつけているので、それが治療方法を選定するうえで参考になり役立つものとなるのです。
推奨度はA、B、C1、C2、Dと5段階あり、推奨度Aは「行うように強く勧められる」もので、推奨度Bは「行うように勧められる」もので推奨度C1は「行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない」というもので、推奨度C2は「根拠がないので勧められない」もの、推奨度Dは「行わないように勧められる」ものというようにAになるほど推奨度が高いというものです。日本皮膚科学会ではミノキシジルとフェナステリドを推奨しているので、ミノキシジルが配合された外用薬は推奨度Aとなっていて、男性にも女性の薄毛にも最適とされていて、フェナステリドに関しては内服薬として女性の薄毛にはDとなっていますが男性には推奨度Aとされています。
ほかに育毛に有効性があるとされているアデノシンやサイトプリン、セファランチンなどの外用薬に関しては男性に対しても女性に対しても推奨度はC1やC2とされているので、あまり勧められるものではないというように定められています。それと植毛に関してですが、自毛の場合には自分の毛を植毛するので、推奨度はBと高くなっていますが、人工植毛に関しては「行わないように勧められる」というDランクになっています。
ただこの診療ガイドラインは研究論文がないものに関しては推奨度が低くなっていて、研究論文がある医薬品が有利になって推奨されていることもあるので、推奨度が低くなっていても研究論文がないだけで、実は有効性があるという可能性があるものもああったり、個人によって薄毛の状態や治療効果が変わってくることもあるので、ガイドラインに従っていても「自分には合わなかった」ということもありますが、その時にまた別の方法を探す時にも、このような診療ガイドラインを参考にすることで薄毛に悩む人たちがどのような治療法を選定すればよいのかを考えるときに強い指針となることでしょう。
このガイドラインを参考にすることで、初めからあまり有効性がないので推奨度が低い治療法を試してみて費用ばかりかかったが、やはりあまり効果がなかったということが少なくなり、時間と費用を治療に有効的に使うこともでき、それらの成分を配合された内服薬や外用薬を病院で処方してもらうことにより安心して治療を進めていくことができることでしょう。

男性型脱毛症治療とリーブ21やバイオテックなどのエステ・サロンタイプでの施術との比較

年齢とともに髪のボリュームは落ちていく傾向にありますが、髪は外見の変化に大きな影響があり、同じ人でも髪が豊かである場合とそうでない場合では見た目の印象はかなり違うものとなり、髪が薄くなってしまうと年齢以上の年に見られてしまうことも少なくありません。抜け毛や薄毛が気になってきたら進行を防ぐためにも、現状を維持するためにもできるだけ早めに対策を立てておきたいですが、そのケア方法も自宅でのケアから、医療機関による薄毛治療、さらにエステ・サロンタイプでのヘアケアなど幅広くありますのでどのようなものにするかを悩まれている人も多いのではないでしょうか。

 
頭頂部や生え際が薄くなっていく男性型脱毛症の場合は少しずつ進行していきますので男性型脱毛症治療については、できるだけ早く始め進行を防いでいく必要がありますが、費用もそれなりに必要ですし、同じ始めるのであればできるだけ効果の高い方法を選んでおきたいとこです。

 
その施術内容も専用のサロンで行う場合はテレビCMなどでもおなじみのリーブ21やバイオテックなどに通ってケアするという方法があり、テレビCMのイメージから高い効果が得られるというイメージがありますが、利用前にはどのような施術が提供されているのか、情報はしっかりと調べておくことが大切です。

 

 

リーブ21やバイオテックなどはエステサロンの類となっており医療機関ではないことはしっかりと理解しておくこと、医薬品を使うことはできない、手術などを行わない施術ですので医学的根拠なしであるということも知っておくことが大事です。皮膚科や美容外科などの医療機関の薄毛治療の場合はプロペシアやミノキシジルといった薬を使う治療や、それだけでは難しい場合には植毛治療を行なうなどで対処していくことができ、医学的な根拠もある方法ですので、はっきりとした効果が期待できますが、エステサロンの場合は医師は不在ですので、医療行為は一切行なうことはできず、当然ですが、薬の処方は不可なので、プロペシアなどは出してもらうことはできませんし、植毛手術で改善していくということもできません。

 
そして、エステサロンの場合は、施術は頭皮のマッサージや美容機器での血行促進、毛穴のクレンジング、ヘッドスパなどの施術が中心ですので、美容室で行なわれている施術と比べても特に変わったものでもなく効果については個人差もあることから、せっかく高額な費用を用意していても思うような改善が得られないこともあります。エステサロンで提供されているヘアケアや頭皮ケアなどは血行の促進に役立ったり、毛穴の詰まりをすっきりさせる、頭皮の保湿を行うなどができますので今ある髪を元気にきれいに保つのには役立つ施術と言えますが、抜けてしまった髪を復活させたり、薄毛の進行を抑える効果は医療機関と同じように得るのはかなり難しいと言えます。

 

 

エステ・サロンタイプでは独自の発毛施術があるとされていますが、提供されている育毛シャンプーや頭皮ローションなども医薬品とは違い、化粧品の類となりますので、こちらもやはり医学的根拠なしですので、施術を続けても必ずしも生えてくるというものではないこと理解しておく必要がありますし、エステサロンでも髪や頭皮の健康を考えて様々な髪質改善、頭皮環境改善のための施術が行われていますが、薬の処方は不可、医療行為ができませんので、これだけではAGAは治らないと言えるでしょう。

 
AGAにも様々な要因がありますが、男性ホルモンの影響によるところも多く、それ故に改善していくためには男性ホルモンの働きを抑制する必要があり、プロペシアはとても役立つ薬となっています。エステサロンでは頭皮をきれいにしたり、毛穴の詰まりを取る、マッサージで血行を促進するなどは行なうことができますが、薬を出すことはできませんので、男性ホルモンの働きを抑えていくことはできません。

 
医療機関の場合も男性型脱毛症治療の場合は保険適用がありませんので、高額な費用が必要というイメージもありますが、まだ脱毛も初期でしたら、薬の処方だけで治療もできますので、それほど医療費の負担も大きいというわけではなく、かえってエステサロンの施術料より安くなることも少なくありません。

 
今ある髪をより元気にしたい場合はエステサロンの施術でもそれなりの効果を感じられる場合もありますが、薄毛の悩みをしっかり改善したいという場合は医療行為で対応できる医療機関での治療ということとなります

男性型脱毛症治療の治療は銀座総合美容クリニックやメンズヘルスクリニック東京等のAGA治療専門タイプのクリニックでの治療がおすすめ

日本にも一千万人以上の人が症状に悩んでいると言われており、日本人男性のおよそ3人に1人が頭を悩ませていると考えられている症状である男性型脱毛症とは、頭皮の脱毛の原因として生活習慣だけでなく遺伝子や男性ホルモンが影響して生じる脱毛症状のことをいい、女性よりも男性に多く見られ、男性特有の脱毛症状であることからこのように呼ばれています。

 

男性型脱毛症はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが主な原因で生じる症状であると考えられており、このジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞にある受容体に入り込むことで発毛が阻害され、脱毛が起きると考えられているのです。

 

このように男性型脱毛症は脱毛の原因としてホルモンの関与が認められる脱毛症であり、生活習慣の改善や頭皮環境の改善はもちろん重要ではあるものの、これらの対処方法だけでは根本的な症状改善に結びつかないと考えられ、専門の男性型脱毛症治療を行う必要があると考えられます。

 

最近では頭部脱毛症の治療を行なう美容クリニックなどが増えてきていますが、男性型脱毛症治療を本気で行いたいと考えるならば、AGA治療専門タイプのクリニックを探して通院するのがおすすめとなり、AGA治療専門タイプのクリニックの代表的なクリニックが、銀座総合美容クリニックやメンズヘルスクリニック東京、池袋AGAクリニックなどであり、これらのクリニックでは病院数は少ないものの、臨床数が多いですし、AGA治療専門医師の診療を受けることができるという大きなメリットがあります。

 

銀座総合美容クリニックは、AGA治療専門医師の診療によって診療時時点での脱毛症の進行具合の確認及び原因の分析を行い、その後遺伝子検査による今後の男性型脱毛症の進行リスクの見通しを立てて、その後は主に内服薬を用いた治療を行うこととなり、血管を膨張させて髪が成長するのに必要な栄養素を届けやすくする薬を服用したり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える薬を服用したりすることとなります。また、加えて成長因子投与治療も行うこととなるので高い効果を期待することができますし、多くの人が安心して毎月通院できるように費用も安価に設定されているというメリットもあります。

 

メンズヘルスクリニック東京も同様にAGA治療専門医師の診療を受けて、患者別に一人ひとりの症状をよく吟味し、経口薬と外用薬の服用を基本としつつ加えてビタミンやミネラルを使用した治療を行うこととなります。発毛効果を測定するために最初に頭皮の撮影を行い、その後AGA治療専門医師の診療を受信し、血液検査を行なうというのが基本的な投薬までの流れとなっており、希望すればオプションでDNA検査と毛髪ミネラル検査を追加して行なうこともできます。尚、メンズヘルスクリニック東京は土曜日や日曜日も営業をしており、普段仕事が忙しいという人も通いやすいというメリットがありますが、その分月曜日と火曜日は休診日となり平日ではありますが営業されないので通院の際にはしっかりと確認をしておく必要があります。

 

池袋AGAクリニックは治療を始めるにあたって、まずは専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行なうことから治療がスタートすることとなり、そのヒアリングをベースとして最初に治療方針を定め、治療にかかる期間やかかる費用について説明がされることとなり、カウンセリングの後に血液検査等を行い、異常がなければ、こちらも主に内服薬を用いた治療を進めていくこととなり、必要に応じて専門医の診断を受けることとなります。
池袋AGAクリニックも土曜日・日曜日・祝日の受診を行っており、忙しい人でも通院がしやすい一方で月曜日と火曜日は営業されないのでよく確認をしておきましょう。

 

一般的な美容クリニックでの薄毛治療や脱毛治療の場合は、AGA治療専門医師の診療を受けることはできませんし、患者一人ひとりに合わせた専門的な治療を期待することもできませんし、丁寧なカウンセリングを期待することもできないでしょう。しかしながら、銀座総合美容クリニックやメンズヘルスクリニック東京、池袋AGAクリニックといったAGA治療専門タイプのクリニックであれば、専門医による効果的な診断・指導のもと効果的なAGA治療を推進していくことができますし、専門薬を投与していくこととなるので、より効果的・効率的な成果を望むことができるのです。

 

病院の医師による男性型脱毛症治療を知りたい方は、こちらの医学的根拠に基づいた男性型脱毛症治療のサイトをご覧ください。薄毛はコンプレックス業界と呼ばれ、今や悪徳なサロン企業や美容病院がお金儲けの為に高額な値段で患者さんを治療させるケースが増えています。騙されない為にも、事前に男性型脱毛症の知識は自分なりに下調べをしておきましょう。

男性型脱毛症治療の美容整形クリニックタイプにはAGAスキンクリニックとルネッサンスクリニックがある

男性型脱毛症治療を行う場合、美容整形クリニックタイプを選択する必要があり、2つあるAGAスキンクリニックとルネッサンスクリニックでそれぞれ特徴が異なっており、利用者に適した治療方法なのか否かも変わる為、事前に内容を理解しましょう。

 

 

まずAGAスキンクリニックについてですが、AGAとは男性型脱毛のことで、この治療方法は医療機関でのみ提供されているプランになっており、施術を受けたい場合は医療機関を探す必要があることを覚えておき、また美容サロンなどは医療機関ではないためにAGAスキンクリニックを行っていない事に注意します。

 

 

施術はまず状況把握から始め、この段階では頭皮の悩み等についてスタッフが問診のみを行い、その内容からどのような問題が発生しているのかを診断しますが、この問診は無料で受けることができる医療機関が多いので選択の基準にし、この時、クリニックによっては食生活を改めるなどの悩みを改善できるようなアドバイスも頂けますので実践し、次の初診で頭皮の撮影、専門医の詳しい診断を行い、問診の段階でアドバイスがあった場合はそれを行って改善できたかどうかの判断を加え、改善できない場合は血液検査も行うので、時間を作って受信します。

 

 

次のステップでは血液検査の結果を報告され、何が原因で男性型脱毛症になっているのかを明確にし、適した治療薬の処方がされますが、1回に頂く治療薬は概ね1ヶ月分になっているので、なくなる度に検診をして経過を確認、治っていなければ治療薬の服用を続けるというパターンを繰り返ります。

 

 

この治療にかかる費用ですが、初診の際に5千円ほど、血液検査で1万円ほどが必要で、更に治療が長くなれば薬代も増えるため、結果として費用は高額になりがちでですから、クリニックのホームページなどに料金表がある場合は確認して把握しておき、医院によっては初めてそのクリニックを訪れる場合に割り引きサービスをしているところもあるので、ホームページや資料などでそれらを見ると良いでしょう。

 

 

その他のポイントとしては、専門医にどの程度の実績があるのかを知っておくと安心であり、万が一AGA治療経験の無い医師に診断を受けた場合、その診断が間違いである可能性も出てきますし、治療薬も効果のない成分になり、満足度は低いため、経験豊富な医師や、利用者のコメント等が記載されているクリニックを選びましょう。

 

 

もう一つのルネッサンスクリニックは美容メニューの1つであり、多角的なオーダーメイドの治療法で、患者の頭皮や髪の毛を診断し、個別に適した治療方法を提案する方式になっており、1つの治療法に限らず複数の方法を組み合わせて提案されることもあり、同じ男性型脱毛症であっても、患者によって治療方法が全く異なるという特徴があります。

 

 

治療方法はAGAスキンクリニックのような治療薬の服用に加え、メソセラピーや植毛があり、メソセラピーとは、治療に効果のある成分を注射器や超音波機によって頭皮へ直接投与する方法で、服用とは違い、成分が頭皮に浸透しやすいという特徴があります。植毛は自分の髪の毛を使い、脱毛箇所に別の箇所からとった髪の毛を植えることで肌への負担を軽減し、また植毛した髪も馴染みやすくなるために効果の高い方法として知られていますが、費用は植毛する面積に応じて変わるため、高額になりがちです。クリニックによっては専用の機械によって行い、またメスを用いない事でより安全に施術できるようになっています。

 

 

ルネッサンスクリニックを申し込む際の注意点としては、まずコンビニの様な全国展開をしている店舗等、近隣に店舗がある点に気を付け、交通費を抑えて高治療費を払いやすくします。またAGAスキンクリニックのところでも書きましたが、費用も抑えることが可能なら利用すべきであり、割引サービスに加え、セット料金で営業を行っているクリニックにも注目し、個別に支払った場合と比べて、自分の頭皮の状況を診断してもらったらセット料金で安くなるのか否かを確かめましょう。治療薬によっては、1ヶ月ごとではなく、3ヶ月ごとや6ヶ月ごとと言うように、より長い期間の量で購入できる物もあり、それらは短期間のものに比べて安くなっている可能性も考えられますから、もし1ヶ月あたりの値段等で比較して安いようであればそちらを購入してしまうのもコストを抑えることに役立ち、定期検診は交通費のみで済む場合もあります。

男性型脱毛症治療のタイプ「エステ・サロンタイプ」「美容整形クリニックタイプ」「AGA治療専門タイプ」それぞれの治療内容の差を比較

成人男性にたびたび見られる、髪が薄くなる症状を「男性型脱毛症(AGA)」、その主な原因物質は「ジヒドロテストステロン(DHT)」であり、これが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結び付くことで、ヘアサイクルが乱れ、毛髪の成長が止まり、髪が太く長くなる前に抜けることで、細く短い毛が多くなって薄毛が目立ってしまうのです。
男性型脱毛症は進行性で、且つ20~69歳の成人男性の3分の1に見られる症状でありながら、実際になんらかのケアを行ったことがあるという人は、その半数にも満たないと言われておりますが、放っておくと年々髪の毛は減ってしまうので専門機関に相談し、早めのケアを始めることが大切です。
とはいえ、治療といっても様々なタイプがある上に男性型脱毛症の治療には保険が適用されませんので(ただし、精神的な理由やほかの病気などが原因による脱毛と税務職員に認められた場合は例外として、医療費控除を使うことができます)自分に合った治療法を知るために、それぞれの治療内容の差、費用の差を比べてみましょう!

 

 

まずひとつ目のタイプとして挙げられる「エステ・サロンタイプ」ですが、多くの男性が薄毛に悩んでいることから、その悩みに応えるために多くのエステやサロンが男性型脱毛症の治療に着手し始めています。このタイプの特徴は、頭皮の血行促進のためのマッサージやヘッドスパをていねいに行ってくれると言う点ですが、これらはあくまで育毛促進のための頭皮ケアであり、医療機関の様な発毛につながる専門的な治療ではないことに注意しなければいけません。また、費用は数十万円するものがほとんどであり、それに加えて数万円単位のサロンオリジナルのシャンプーの購入も促される可能性もあるので、あくまで初期の段階での薄毛予防のケアのための場所、と考えた方が良いでしょう。
次に「美容整形クリニックタイプ」ですが、こちらは血液検査やDNA遺伝子検査等を行い、それぞれの患者に合わせた治療法を組んでくれることが特徴で、さらに、ほとんどの場合が完全予約制なので、じっくり話を聞いてもらえるところに安心感があります。費用はピンからキリで、初診代はこうした検査代も含めて、1万円台で済むところもあれば、4万円近くかかるところもあり、このほか「プロペシア」という内服薬を処方されるケースが多いのですが、これは保険が適用されないこともあり、1錠当たり200円以上(月7000円~8000円)かかります。
(ただし、人によっては処方される量が倍近く違ったり、1年後あたりから減薬を行うケースもあるのでこちらも様々です)
その後の通院費用に関しては、薬代を除いた治療費が1カ月数千円台のクリニックもあれば、2万円以上かかるクリニックもあり、こちらもピンからキリとなりますが、いずれにしても安い費用ではないので自分にあったクリニックを見つけることが重要になります。
三つ目になる「AGA治療専門タイプ」ですが、これまでと大きく違うのは男性型脱毛症治療の専門医師の在籍により、具体的なアドバイスが聞ける点です。また、「美容整形クリニックタイプ」ではプロペシアをはじめとした単剤処方がほとんどですが、「AGA治療専門タイプ」では、こまめな経過検診や検査を行うことで、患者の頭部の状況に応じて処方薬を組み合わせくれます。さらに、「美容整形クリニックタイプ」と決定的に違うのは、「美容整形クリニックタイプ」は様々な検査を行いながらも男性型脱毛症の進行遅延、現状維持が限界であることに対し、「AGA治療専門タイプ」は発毛促進までサポートしてくれる点です。
これまでのタイプと比較すると通院する頻度が高いことや、費用がやや高く、1カ月で2万円~3万円ほどかかることが難点ですが、その分どのタイプよりも臨床数が圧倒的に多く、数多くの成功実績を持っているので安心感と信頼感を持って治療に臨むことができます。

 

 

「エステ・サロンタイプ 」、「美容整形クリニックタイプ」、「AGA治療専門タイプ」、それぞれのタイプの紹介をしましたが、治療や費用相場の違いは分かりましたか?抜け毛により見た目が変わると気持ちにも変化が起こり、中には深刻に悩む方もいますが、AGAなどの薄毛治療を受ける人は年々増加傾向にあり、またその多くが治療に成功しています。早ければ早いほど、効果が出ますので気になる方はさっそく、治療を始めてみましょう!